iPhoneアプリの開発手法

iPhoneアプリは2つの開発手段が用意されています。
1つ目はアップル純正の開発環境を使うこと、2つ目はAndroidなどの他のスマートフォンと共通開発環境を使うことです。アップル純正の開発環境はXcodeを利用します。
XcodeはObjective-cまたはSwiftと呼ばれる新しい言語を利用して開発します。

これらは他のスマートフォンの開発には利用できないので開発者としては他の機種への移植も踏まえて考えると敷居の高い開発環境ですが、アップル純正なのでiPhoneの機能を全部使える利点もあります。



2つ目の開発環境はUnityやPhonegapなどObjective-cやSwiftを使わずにJavascriptやCシャープといった言語を使って開発します。



言語はアップル純正開発環境とは異なりますが、あまりコードを変更せずにiPhoneとAndroidにアプリを公開できるので開発者にとってとも魅力的な開発環境です。

ただし、できたアプリのサイズが大きくなってしまったり、アップル純正開発位環境でのビルドしたアプリよりも動作が遅いといったことがあると言われています。


ただし、昨今のスマートフォン向けのアプリの共通化を考えると多少の動作速度は犠牲にしてもよいと考える事が多いようです。

iPhone向けのアプリではiPhoneに特化した機能を極力使わずにAndroidへの移植がスムーズに行える体制優先することが多いとも言われています。