iPhoneアプリの迅速な開発の方法

iPhoneのアプリは主にXcodeと呼ばれるアップル純正開発環境を使って行われるのが通例でした。
しかし、スマートフォンアプリの移植を考えるとXcodeでの開発はデメリットも増えてきます。
特にAndroidへの移植では言語の違いも大きいことから開発者を悩ませています。

iPhone8の特別な情報を載せています。

そこで最近注目されているのがiPhoneアプリとAndroidアプリの共通開発基盤です。



同じ言語で開発し、iPhoneのアプリビルドの際にXcodeを使うという方法です。

共通開発基盤はいくつかありますが中で注目されているのがPhonegapです。


PhonegapはCordovaとも言われ、HTML5とJavascriptで開発します。
これらの言語はホームページデザイナーにも受け入れやすい言語であり、広く利用が進んでいます。

Phonegapの利点はデザイナーが親しみやすいJavascirptを採用することでアプリ開発者をたくさん用意できること、また、デザイン手法がそのまま使えるので、デザインの工期が一気に短くなるという利点もあります。

デメリットとしては動作が若干ゆっくりなのでアクションゲームなどの作成には向かないことです。



iPhone向けアプリはすぐにAndroidに移植されることが多いです。
開発者サイドからすれば共通言語での開発ができ、これまでよりさらに短い工期で対応できるのが最大の利点ともいえます。今後は速度面でさらなる改善が行われていくと考えてられています。