iPhoneの電源アダプタは注意が必要

iPhoneは主に0.5アンペアあれば充電ができると言われています。アップル純正のアダプタでも5Wタイプと12ワットタイプがありますが、それらはさらに高いアンペアが出力されます。

iPhoneの充電はバッテリー容量が少なければ少ないほど高アンペアが必要になるとと言われており、1アンペア近く必要とするという意見も多いです。

iPhoneの充電では電源アダプタを利用することが推奨されていますが、パソコンのUSBポートでも十分充電できます。


この差は主にアンペアの必要量が変わるからです。



そのため、パソコンのUSBポートを利用する際、ほかにUSBポートの電源が使われていれば充電できないことも少なくありません。

そのため、安定供給される電源アダプタが推奨されるのです。



電源アダプタはサードパーティーからも多数販売されていますが、注意したいのはアンペア数です。



ほとんどのアダプタが1アンペアは出せるといわていますが、複数のUSBポート口を持っている場合などでは分配されて1つづつのポートはアンペアが少なくなります。

また、車での充電時にもアンペアが安定しない車両の場合はアダプタが対応していても充電できないことも多いようです。そこでアダプタを購入する際にはipad対応品を購入することをおすすめします。


ipadは1.2アンペア、できれば2.1アンペア必要と言われているのでアダプタもそれに合わせて大型化していますので安心して利用できます。